インプラント矯正とは?

歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療

インプラント矯正とは

矯正治療は、歯並びや噛み合わせなどをきれいにするために、歯をあるべき位置へ動かしていく治療です。そのため、歯を引っ張るためのアンカー(固定源)が必要となります。スタンダードな矯正では、動かしたい歯をアンカーとなる歯につないで引っ張る仕組みを作って歯を動かしていきます。

インプラント矯正は、アンカーとなる歯が患者さまご自身の天然歯ではなく、矯正用インプラントであるところが大きな特長です。「歯科矯正用アンカースクリュー」という、歯の土台となる骨に埋め込むネジタイプのインプラントを用います。骨の安定力を活かした強く確実なアンカーとなるため、しっかりと歯を動かしていくことができます。

天然歯のアンカーでは、支えとしてのパワー不足になりがちという難点がありました。パワー不足を解消するために、お口の外に装着するヘッドギアを使う方法もありますが、非常に大掛りになってしまいます。その観点からみても、歯科矯正用アンカースクリューを用いたインプラント矯正は画期的で有効な治療法といえます。

別名、ミニインプラント、ミニスクリューなどとも呼ばれます。従来の失った歯の機能を補うインプラント治療とは異なり、矯正期間が終わったら取り外します。

痛みはないの?

痛みはないの?

痛みについて、不安になる必要はありません。歯科矯正用アンカースクリューを取り付ける処置は、局所麻酔を施して、痛みを感じることにない状態になってからおこないます。約1時間で処置が完了します。矯正期間が終わったら取り外しますが、その時も痛みを感じることなく、歯科医院内で簡単に済ませられます。

小さなピン状のインプラントを歯茎に取り付けます。非常に小さいものなので、歯茎に目立った傷跡を残すことがなく、歯茎や顎の骨など身体にかかる負担も大きくありません。取り外した後は、少しお薬を塗るだけですぐに回復します。

出っ歯の矯正治療例

出っ歯の矯正治療をおこなう場合、歯科矯正用アンカースクリューによるインプラント矯正をおこなった場合と、インプラント矯正を使用しないでおこなった場合を比べてみました。参考にしてみてください。

インプラント矯正を使わない治療では?

歯科矯正用アンカースクリューを使わないで矯正治療をおこなった場合でも、出っ歯の矯正は可能です。しかしながら、アンカー(固定源)にしていた奥歯が、出っ歯と一緒に前へ動いてしまうことがあります。奥歯といえども天然歯ですから、支えとしては弱く、一緒に引っ張られてしまうのです。

インプラント矯正を使った治療では?

動かしたい歯だけにアプローチできるのが、歯科矯正用アンカースクリューを使った矯正治療のメリットです。動かしたい歯だけピンポイントで矯正治療を進めていけます。

効果的に進めていけるので、矯正治療に必要な期間も短縮できる傾向にあります。外科手術を伴う症例であっても、歯科矯正用アンカースクリューを使用することにより、手術なしで矯正治療が完了することも。矯正治療の可能性が大きく広がりました。

もちろん、症例によっては歯科矯正用アンカースクリューを使用しない治療法でも問題なく矯正できる方もいらっしゃいます。しかしながら、歯科矯正用アンカースクリューを必要とする症例の場合は、採り入れると多大なメリットを得られます。

3次元的に歯を動かす治療にも

3次元的に歯を動かす治療

歯を3次元的に動かすことができるのも、歯科矯正用アンカースクリューを使用したインプラント矯正の特徴です。骨にしっかりと固定されているので、前後に動かしたり、引っ張り出したり、沈み込ませたり、幅を広げたり狭めたりするなど、治療の幅が広がります。

インプラント矯正のデメリット

インプラント矯正のデメリット

インプラント矯正は、大人の矯正が対象です。お子さまの治療には対応していません。デメリットとしては、骨の状態によっては装置が外れやすくなりますので、この治療法が向いていない方もいらっしゃる点です。

また、完成物薬機法対象外の矯正歯科装置ですので、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。このほかにも、疑問点や不安な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

矯正無料相談/お問合せ

当院は矯正のご相談を無料で行っております。
歯のお悩み、お気軽にご相談ください。

診療時間

0422-23-8211診療日時/休診日:不定期
*お電話にてお問合せ下さい
*現在、本院に電話転送されております

住所
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-18
ミドリインタービル2F

アクセス
JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」北口徒歩4分