受付

吉祥寺歯科口腔外科・矯正歯科では、お口の健康維持のため、予防歯科に力を入れております。生活習慣病などと同じく、お口の中も歯の病気になってしまう前に、日頃からきちんと予防してチェックを受けることが大切です。どこかが悪くなってから歯科医院へ行くのではなく、日頃から健診を受けて歯を健康に保つことが、予防歯科の目的です。

当院で行っている予防歯科

PMTC(歯のクリーニング)

ブラッシング

鏡を見たとき、磨き残しはないから大丈夫だと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、歯の表面には目に見えない汚れも付着しています。特にプラークはバイオフィルムと呼ばれる細菌の塊で、虫歯や歯周病の重大な要因です。そのため、除去が望ましいのですが、プラークは歯と似たような色をしており、パッと見だけではどの程度付着しているのかが分からないことがございます。そのようなバイオフィルムを徹底的に除去するには、歯科医院でのプロによる機械的な清掃が効果的です。当院では専用の器具を使い、歯の表面に付着しているプラークやステイン(色素沈着)を除去します。歯科医院専用のフッ素を配合した歯磨き粉を使用し、取り残しのないように表面を磨いていきます。凹凸のない滑らかな状態になることから、歯の表面に歯石やステイン、プラークが付着しにくくなります。この状態を維持することで、歯周病や虫歯の予防に繋がります。

歯石の除去

スケーリング

歯石はプラーク(歯垢)が石灰化し、石のように固くなってしまったものです。歯石は唾液腺の近い、下の前歯の裏側や、歯と歯の間に多く沈着します。歯ブラシがお上手な方でも、唾液の質や量などによってつきやすくなります。歯石は表面がザラザラとしており、プラークが付着しやすいため、放置した状態が続くと細菌が増殖してしまいます。また、歯の表面だけでなく歯ぐきの中にまで歯石ができてしまうと、住みやすい環境であることから歯周病菌が増え続け、歯周病が進行してしまいます。歯周病になると歯ぐきが腫れる、歯が揺れるなどの症状が起こることがございます。歯石は歯ブラシでは除去することができませんので、歯科医院での施術が必要になります。

エアフローによる着色(黄ばみ・色素沈着)の除去

ステイン除去

紅茶やコーヒー、たばこなどの色素が歯面に沈着し、黄ばんでしまったり、茶色くなってしまったりしたことはございませんか?強固に付着したステインと呼ばれる着色は、市販の歯磨き粉では完全に除去することができません。当院ではそのようなステインを除去するために、エアフローを使用した着色の除去を行っております。エアフローは、強力なジェットエアーと、超微粒子の粉末で着色を除去する機械です。歯にエアーと粉を吹き付けて刺激を加えないため、歯の表面を傷付けずに着色を取り除く事が可能です。

歯並びの改善

矯正歯科

歯並びや咬み合わせを良くすることで、将来的な病気の予防や成長形成につながります。詳しくは、 小児矯正のページ成人矯正のページをご覧ください。

お子様の予防歯科

子供の歯科検診

成長中のお子様のお口の中は、非常に不安定な状態です。歯がぐらぐらしている、大人の歯が生えてきた、いつの間にか歯が黒くなっているなど、大人の方よりも急激な変化が起こります。当院では変化の多いお子様の為にも、歯科医院での定期健診をおすすめしております

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素の塗布は、歯の質を強くするための予防処置です。虫歯になりにくく強い歯になるように、ご家庭の歯磨き粉よりも濃度の高いフッ素を塗布します。しかし、歯科医院でフッ素を塗ったからといって、虫歯にならないという事はございません。普段の歯磨きを頑張っていただくことが、一番の虫歯予防になります。

シーラント

シーラント

生えたばかりの歯は生大人の歯に比べると、とても柔らかいと言われています。そのため、生えたての歯は虫歯になりやすく、進行が早いという特徴がございますので、早期の予防処置が重要です。特に奥歯は溝の部分が深く複雑なため、歯ブラシで十分に磨くのが大変難しくなります。そこで行うのが、シーラントという予防処置です。白いプラスチックの樹脂で溝の部分を塞ぎ、溝を無くして虫歯をブロックします。歯を削らずに処置ができ、かみ合わせの変化もありません。また、シーラントは永久的なものではございません。食事やスポーツで噛みしめた時など、日常生活の中で外れてしまう可能性がございます。外れていないかどうかの確認と、お口の中のチェックを行うため、定期健診に来ていただく事をお願いしております。

予防歯科の重要性

健康診断では体のどこかに悪い兆候はないかどうか、必ず検査をすると思います。体と同じように、お口の中も定期的な検査が必要になります。

全身疾患の予防

妊婦

最近の研究では、お口の中の健康と全身の疾患が密接な関係がある事が分かってきました。例えば歯周病では、歯周病により産まれる物質が、血糖値をコントロールしているインスリンの機能を阻害することがあり、歯周病を治療することで、糖尿病の数値がよくなるという症例もございます。また、口の中の歯周病菌や最近の出す内毒素が血管を流れて妊娠初期の子宮に到達してしまうと、早産や低体重児出産に繋がる可能性も報告されております。こうした全身疾患の予防のためにも、定期健診を受けてお口の健康を維持することは大切なことです。

病気の早期発見・早期治療

症状が出ていない場合の虫歯や歯周病は、比較的軽度の状態であることが多い傾向にあります。歯科医院による定期的なチェックにより、早期に発見・治療を行うことで、歯の寿命を延ばすことに繋がります。

Q&A

定期健診はどれくらいの頻度で行くのがよいですか?
その方のリスクなどにもよりますが、3〜6ヶ月に1度が理想です。当院では口腔内状況やリスクの程度を考え、患者様一人一人に合わせた定期健診をご提案致します。
自分で歯石を取る器具を使っても問題はありませんか?
稀に通販などで売られている歯石を除去する器具が販売されておりますが、「歯の表面を傷つけてしまった」、「取り除いた後がより歯石が付きやすくなった」というケースもございます。そのようなことが起きないよう、歯石の対処はご自身ではなく、歯科医院での専門家による処置を推奨しております。

ご予約・矯正無料相談・お問合せ

歯のお悩み、お気軽にご相談下さい。
矯正のご相談も無料で行っております。

吉祥寺歯科外観

0422-23-8211歯科口腔外科/一般:
平日9:30-13:00 / 14:30-18:30
土9:30-13:00

矯正歯科:
第1木曜・金曜/第3土曜・日曜/第4土曜10:00-19:00

火日祝:休診

*本院に電話転送される場合あります

住所
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-18
ミドリインタービル2F

アクセス
JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」北口徒歩4分