歯科・コロナウイルス

新型コロナウイルスが未だに完全な収束とは言えない状況ながらステイホームの期間は終了、また通常の生活や経済活動に戻りつつあるわけですが、これは今後、新型コロナウイルスが消滅したりワクチンが開発されたりしない限りは、私達がウイルスと共生していくことを意味します。

ウイルスと共生しながらもウイルスには感染しないためには、どうしたらよいのでしょうか?

よく言われるのは免疫力を上げることですが、お口の中が清潔で良好な状態にあることもウイルス感染のリスクを下げるのに大変効果的なことなのです。

口腔環境が良好だとインフルエンザウイルス感染しにくい

良好な口腔環境

ご存知でしょうか?口腔ケアの徹底により良好な口腔環境にあると、インフルエンザ感染のリスクを下げられることが明らかです。

アメリカでは歯科医師会研究所初代所長やアメリカ歯科医師会会長を務めたWeston Price( 1870~1948年)が100年前のスペインインフルエンザのパンデミック時にアメリカ人とイギリス人260人を調べて、歯科感染症があった人のインフルエンザの罹患率は72%、重篤者が多かったのに対し、歯科感染症がなかった人の罹患率は32%だったと発表しています。

また、東京歯科大学名誉教授の奥田克爾先生は2003年、歯科衛生士がデイケアに通う要介護高齢者らに口腔清掃を中心とした口腔ケアの実施を6ヶ月継続したところ、口腔内細菌が減ってインフルエンザウイルスをサポートする酵素の活性が低下したことで、インフルエンザの発症が減少したとの論文を発表しています。

そして、インフルエンザと口腔内細菌に関する研究を続ける日本大学歯学部細菌学講座の落合邦康先生は、口腔内の細菌が出す酵素がインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくし、増殖も助けるため、口腔ケアを行い、口腔内細菌を減少させることで酵素の発生を抑え、インフルエンザ感染を抑制できる可能性があるといいます。

奈良県歯科医師会の調査で、介護施設で歯科衛生士が高齢者に対し、口腔衛生指導を指導したところ、通常の歯磨きをしていた施設と比べてインフルエンザ発症率が1/10に減少したこともあります。

このように様々な研究・結果からも明らかです。

口腔環境が良好だとインフルエンザウイルス感染・重篤化しにくい理由

上気道粘膜

呼吸器に何らかの細菌感染症がある場合にはインフルエンザウイルスに感染、重篤化しやすく、死亡率が高いことがわかっています。

健康な人ではインフルエンザウイルスに感染しても免疫機能によって防御されることでウイルスが肺や肺に近い下気道に達することはないのですが、高齢者だったり糖尿病の方、透析を受 けている方など免疫機能が弱っているような方々では、インフルエンザ肺炎などになってしまいやすいのです。

喉の奥に感染して存在する細菌類はインフルエンザウイルスが細胞内に侵入するのを助ける働きがあるのですが、歯周病菌にも同じような働きがあると考えられています。

また、ウイルスは皮膚からは侵入せずに粘膜から侵入するものなのですが、口腔内の細菌が出す酵素は上気道粘膜を荒らすので、ウイルスが粘膜に付着しやすくなります

そして、歯周病原菌の内毒素(細菌の細胞壁に含まれる毒物)は上気道の細胞に炎症を起こし、炎症のある細胞にはインフルエンザウイルスが侵入しやすくなり、その細胞内でどんどん増殖していくのです。

良好な口腔環境にあることは確実に感染防止に役立つ、命まで救うことになるということをお分かりいただけましたでしょうか。

インフルエンザウイルスと新型コロナウイルスの類似性

エンベロープウイルス

実はインフルエンザウイルスと新型コロナウイルスとは構造が似ています。

ウイルスはその構造から、ウイルス自体の周りにエンベロープという脂質性の膜を持つエンベロープウイルス、エンベロープを持たないノンエンベロープウイルスの2種に分けられますが、インフルエンザウイルスも新型コロナウイルスもエンベロープを持つエンベロープウイルスです。

エンベロープウイルスは標的とする細胞の粘膜のレセプターに吸着して、ウイルスを包むエンベロープが人体の細胞膜と融合して細胞内に侵入、エンベロープを脱ぎ捨てたウイルスが人体への寄生を完了させ、好き勝手に増殖していく、これがエンベロープウイルスの感染様式です。

つまり、インフルエンザウイルスが体内に入るのを防ぐのと同様の対策をすれば、新型コロナウイルスの侵入も防げる、新型コロナウイルスにも感染しにくくなるということなのです。

ウイルス感染の懸念のある今こそ、口腔ケアによりお口の中の状態が良好に、清潔に保たれていることが大切なのです。

ウイルス感染リスクを下げるには口腔ケアの徹底を

クリーニング

お口の中が清潔で良好な状態にあることはウイルス感染リスクを下げます。これにはスペシャリストによる徹底的な口腔ケアが大変有用です。

ウイルス感染リスクを下げる対策のためにも、是非ともご来院いただき、お口の中を徹底的にクリーニング、ケアすることで、感染からご自身を守っていただければと思います。

歯科医院に来院することがウイルス感染リスクを上げるのではとご心配な方は是非とも 歯科受診での新型コロナウイルス感染がご心配な患者様へ をお読みになり、不安を払拭していただけたらと思います。

また、疑問に思われること、不安に思われることなどございましたらいつでも、当院までお問い合わせください。

矯正無料相談/お問合せ

当院は矯正のご相談を無料で行っております。
歯のお悩み、お気軽にご相談ください。

診療時間

0422-23-8211診療日時/休診日:不定期
*お電話にてお問合せ下さい
*現在、本院に電話転送されております

住所
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-18
ミドリインタービル2F

アクセス
JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」北口徒歩4分