子どもの頃から矯正を始めることの意義とは?

子どもの頃から矯正を始めることの意義とは?

お子さんが小さい時期から始める「矯正」には、大きなメリットがあることをご存知でしょうか?

子ども時代に矯正治療を開始することの最大のメリットは「抜歯」をしなくても矯正できる可能性が高い、ということです。

もちろん、大人になってからでも矯正治療は可能です。けれども抜歯となると、身体に大きな負担がかかります。しかも健康な歯を抜くことになるのですから、非常にもったいないことです。

成長期にあるお子さんは、すくすくと身体が大きくなっていきます。成長期に矯正治療を行うことには、とても意義があります。「成長期だからこそ、可能な治療」を進められるので、骨格的な問題で生じている顎の前後のズレや噛み合わせを改善しながら、正しく成長していくように促すことができるのです。

身体の成長に合わせた治療を進めていけるので、細かいデコボコなどの改善については、すべて永久歯に生え変わった中学生・高校生以上の年ごろになってから本格矯正でおこないます。お子さんによっては、永久歯が生えそろってから実施する本格矯正が簡単で済んだり、場合によっては必要なくなったりする場合があります。

そうなると、当然、治療にかかる時間や費用の節約にもなります。

お子さんのうちから始める矯正治療には、見逃せないメリットがあるのです。

小児矯正を始めるタイミングは?何歳から?

小児矯正を始めるタイミングは?何歳から?

「矯正って、いつから始めればいいの?」というご質問をいただくことがあります。当院では、「気づいた時に、まずはご相談にお越しください」とお答えしています。

具体的には、小学校に通い始める頃からの矯正がおすすめです。とはいえ、お子さんの成長やお口の様子によって個人差がありますので、まずはお子さんが7歳になる頃までに、歯科医院で検診を受けることをおすすめしています。実際に矯正を始めるタイミングについては、診断後に決定いたします。

一般的には、6歳~12歳頃に初期治療を行い、永久歯が生えそろう12歳~18歳頃に本格治療を行うという2段階にわけての治療計画を立てます。初期治療の進み方によっては、本格治療を簡単に済ませられたり、必要なくなったりするケースもあります。

お子さんに合った矯正装置をご提案します

お子さんに合った矯正装置をご提案します

お子さんに合わせた矯正を行うため、当院ではさまざまな種類の矯正装置を採用しています。お子さんのお口の中を検査・診断した上で、お希望をおうかがいし、最適な治療法をご提案いたします。

床矯正(拡大床)

床矯正(拡大床)

床矯正には、目的に合わせて選べる多彩な種類があります。

ここで紹介する拡大床は、ネジが埋め込まれている取り外し式の装置を口の中に取り付けるタイプのものです。ネジの幅を広げて力を加え、歯の土台になる骨が押し広がっていくように促し、顎の幅を広げます。すべての歯がきれいに収まるアーチの幅を確保できるように、顎を成長させることが目的です。

床矯正には、歯が噛みあっていない時に舌が前に出ないように矯正するタイプのものなどもあります。お子さんのお口の状態に合わせて、使い分けていくと良いでしょう。

あくまでも歯並び改善のゴールで使うのではなく、顎の成長促進のための補助的な役目をする装置ですが、ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

フェイシャルマスク

フェイシャルマスク

受け口の状態にあるお子さんの矯正治療に使用する、ワイヤーでできたシンプルなお面のような装置です。簡単に取り外しできます。装着の際は額と顎で固定し、間についているワイヤーにゴムひもを取り付け、口の中に取り付けた矯正装置を引っ張ります。

上顎が前へ引っ張られる構造のため、上顎の成長を促進しつつ下顎の成長が抑制され、上下の顎をバランスよく成長させるために役立ちます。

ヘッドギア

ヘッドギア

出っ歯(上顎前突症)の矯正治療に使用する装置です。ベルトでできたシンプルな帽子のような造りで、頭に被るように固定し、ゴムの力で奥歯の第一大臼歯を後ろへ引っ張ります。この矯正は、長時間かけて装置を身につけることがポイントです。睡眠中を中心に、1日10時間以上の装着が理想です。

2X4(ツーバイフォー)

2X4(ツーバイフォー)

6歳~12歳頃におこなう初期治療の際に使用する、ワイヤータイプの部分矯正装置です。上下の歯並びを揃えたり、受け口や出っ歯を調整したりする作用があります。奥歯の2本に固定して、永久歯が生えそろう前に前歯4本を動かして正しい位置へ導くために使用します。

リンガルアーチ

リンガルアーチ

歯の裏側に装着するため、自分で取り外しができませんが、前から見た時に目立ちにくいという特徴があります。「いかにも矯正をしている」という見た目にならないところがメリットです。

6歳~10歳くらいのお子さん向けで、歯列の幅を側方や前方に広げるために使用します。反対に噛みあってしまう前歯の改善にも使います。

小児矯正について無料相談を行っています

小児矯正無料相談

初診相談は、無料で実施しています。矯正を得意とする先生が治療を担当しますので、安心してご相談いただけます。また、矯正後、矯正装置に急なトラブルが起こった際には、いつでもご相談ください。

矯正歯科治療中で困ることの上位に入る「装置が外れてしまった」「ワイヤーが当たって痛い」「装置が壊れた」というトラブルにも迅速に対応しています。特にお子さんの矯正では、矯正装置が壊れてしまうことが度々起こります。

矯正について興味がある方、話だけでも聞いてみたい方、お子さんの検診をご希望の方など、初めての方もお気軽にお問合せ・ご相談ください。お待ちしています。

矯正無料相談/お問合せ

当院は矯正のご相談を無料で行っております。
歯のお悩み、お気軽にご相談ください。

診療時間

0422-23-8211診療日時/休診日:不定期
*お電話にてお問合せ下さい
*現在、本院に電話転送されております

住所
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-4-18
ミドリインタービル2F

アクセス
JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺駅」北口徒歩4分